Hanako’s Recipe
「酒粕仕込みのから揚げ」

Written by Hanako

材料

 ・ 鶏むね肉 1枚
 ・ ★酒粕 50g
 ・ ★塩 5g(約小さじ1)
 ・ ★お水 25g

手順

【事前準備(前日~1時間前)】


1.★酒粕床をつくります。ボウルもしくはタッパーに★の材料を混ぜ合わせる。

  ※小さじ1杯(約5g)のお水と酒粕を耐熱容器に入れ、レンジで20秒ほど温めてから混ぜると合わせやすい。
   レンジがないときはぬるま湯25mlにしばらくつけておき、混ぜ合わせる。温めすぎは厳禁

2.むね肉の重さの10%量の酒粕床(例:むね肉200gであれば酒粕20g)をむね肉にまぶし、1時間以上漬け込む。

  ※一晩漬け込むとしっかり味が染みこむのでおすすめ

【調理開始】


3.漬け込んだむね肉をさっと水で洗い流し、ペーパーなどでしっかりと水気をとります。その後、一口大の大きさにカットする。

4.肉に片栗粉をまぶす。

5.フライパンに少量の油を入れ、揚げ焼きにする。

*酒粕床が余ったら冷蔵庫で保管する(1週間以内に使用)
*酒粕はアルコールを含むため、お子様への提供は注意

【花子の醸しメモ】


飲んで食べて十二分に味わう


酒粕はお酒の搾りかすであるため、もちろんその蔵元のお酒の風味が残っている。もし好みのお酒があるのならば、ぜひ酒粕にも手を伸ばしてほしい。まずは甘酒を作ってみて味わってみるのがよいかもしれない。
酒粕は合わせるものによってさまざまな顔に変化する。今回のようにお肉、またはお魚に漬け込めば、香り高い食材に早変わり。噛みしめるとじゅわっと香る酒粕独特の風味とそしてお酒とでまた一杯すすむのである。

*お供のお酒*


nonal(花の露/福岡)/720 ml ¥1404(税込)
住吉酒販のみで販売している限定商品

特別純米酒
米麹の香りとほのかな甘みがスーッと広がり、癖がなく飲みやすい。
どんなお食事でもうまくまとめ上げてくれるお酒。